かつら修理・ウィッグ修理・医療用かつら、他社で修理の出来ないかつらでも修理出来ます!

修理前のチェックポイント

  • HOME »
  • 修理前のチェックポイント

かつらの修理をする前に、理想の毛量や白髪%などを決めてから修理をすると思い通りの仕上がりになります。

修理前のチェックポイント
かつら、ウィッグの修理を出す前に事前に何%位を増毛した方が良いか何%位白髪を入れれば良いかなど具体的に指示をするとスムーズに修理ができます。
ポイントとしては、増毛ならまず人毛なのか人工毛なのかMIXなのか毛量は何%増やすか、全体に増毛するか、ここだけ増やして欲しいなど指示ができると自分が理想してる完成かつら、ウィッグに近づけると思います。
そんなの全く分からないよ、人毛、人工毛の違いが分からない、毛量なんかはどの位あればいいんだ?などあるかと思います。
ポイントとしてはまず、人毛は当たり前ですがとても自然です!だったら人毛の方が良いじゃんとなると思いますが、とても自然なのですが頭皮から生えてる訳ではないので栄養等が行かないため時間が経つにつれて自毛の脱色があります、なかでも時間が経つに連れて自毛が絡んでくる←これが人毛だけにしないという理由です。取り付け方法によっても違いますが男性のかつらであれば人毛は多くても60~70%にして人工毛とMIXさせるのが良いと思われます。人工毛を入れる事によって人毛最大のデメリットになる毛がらみを緩和させる事ができます。人工毛は自然さは人毛より落ちますが、毛がらみがなく脱色なども無いので少し入れて両方の良い所を引き出すのがいいです。
毛量に関しては年齢、男性、女性で大分違ってくると思いますが男性であれば一概には言えないですが大体20代で80~100%の毛量感30代で70~90%の毛量感、40代で70~80%の毛量感、50代、60代で60~70%の毛量感が大体のお客様が求められる事が多いです。
女性の場合は前から多毛だった人は90~100%の毛量感、少ない方だった人でも80~90%位の毛量感が多いです。女性の場合のウィッグに関しては取り付けが90%以上がピンタイプなので人毛100%をおすすめします。
理由は洗う時に外せて丁寧に洗う事ができるので毛がらみが起りにくいからです、男性でもピンタイプ、テープタイプの場合でしたら人毛をなるべく多く入れた方が自然さが増しますのでおすすめです!
写真は目安なのでもし分からないようでしたら修理を出した時に直接お電話で相談してください。

*かつらの毛量サンプル(左は40%、中は60%、右は80%)

chart_002

かつらの毛量サンプルは40%、60%、80%とありますがあくまでも参考として見てください。
目安ですがお若い方は80~100%でも問題ないと思います。
男性の年配でまだ働いてる方などでしたら60~70%、もう隠居生活だよって方でしたら40~60%位の方が多いです。
女性の場合ですとまた違って少なくても70%位になるかと思いますがあくまでも参考としてください。

*白髪毛量サンプル(上段左は5%、右は10%、下段左は20%、右は50%)

chart_003

白髪の毛量ですが5%、10%、20%、50%と写真にはありますが、参考ですがほとんどの方が10%以下で大丈夫かと思います。
実際写真の見た目より多く感じる方がほとんです。自毛が全部白髪、ほとんど白髪でもないかぎり3%、5%、10%入れるだけでがらりと変わりますので入れすぎには注意が必要です最初に作成した時に白髪が入っていて何%で作成したと覚えているなら言ってくださると基準にはなります。
白髪一つとっても一種類の色ではないので白系が良いのか黄色みがあった方が良いのか等ご希望の色の白髪が増毛できます。

TEL 0120-978-621 水曜定休 受付時間 10:00〜19:00

PAGETOP
Copyright © かつらのリフォーム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.