かつら修理・ウィッグ修理・医療用かつら、他社で修理の出来ないかつらでも修理出来ます!

かつらの豆知識その1

cont-top

豆その1:かつら・ウィッグのピンについて

昔からあるつけ方で、周りに自毛があればつけられる方法です。ピンの種類も今では色々な形状の物があります。cont-001
例えば右側のみ固定しそれを軸に回しながら自毛をかんで留める方法や、その反対もあります。ただ形状は色々ありますが最終的に自毛をかんで留めると
いう事には変わりはないです。大体の場合は初回のかつら、ウィッグを購入して、納品の時に担当者がそのお客様に合うピンを装着するのが一般的です。
ピンは自毛があれば誰でも簡単に取り付けができるのですが、デメリットとして昔から変わらないピンハゲと言う、ピンを同じ所にいつも着ける事によって
ピンと頭皮の摩擦が生じそれを繰り返えし着けると、少しづつ自毛が生えてこなくなる症状です。
これを少しでも低減させるには複数のかつら、ウィッグを持ち、ピンの位置をどのかつら、ウィッグも変える事です。
ピンの位置を変える事によって頭皮が擦れる回数を少なくして、なるべくピンハゲが起こらないようにします。
とても簡単に着けられる反面このデメリットは大きいです。
何年も同じ所に装着してると、ピンハゲで取り付けが出来ない人もいますので、ここは注意が必要ですね。

TEL 0120-978-621 水曜定休 受付時間 10:00〜19:00

PAGETOP
Copyright © かつらのリフォーム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.